特許出願中の弁理士の名刺

この名刺特許出願中です。

「特許って、難しいからとっつきにくい」というような声をよく耳します。

企業秘密にかかわるような部分もあり、弁理士や関係者から情報を公開しにくいことから、実例が少ないのが理由の1つかもしれないと考えました。
それなら、秘密にしなくてもよいように、弁理士がみずから、実例をつくることにしました。

これから、この2つ折りの名刺に基づいて、特許申請(出願)の手続きや、特許取得、特許活用、特許戦略などについて書いていこうと思います。

まずは、「特許出願中の弁理士の名刺、発明の特徴」をご覧ください。